契約時にかかる費用はどのくらいですか?

契約時にかかる費用は、敷金・礼金・仲介料(家賃1ヶ月分+消費税)・前家賃1ヶ月分(月の途中で入居する場合は日割り計算されます)・家財保険料の合計額です。 敷金は、退去時にハウスクリーニング代金・修理箇所代金を差し引いて返金されます。礼金は、賃貸人様(大屋さん)に支払われます。仲介料は、不動産会社が受け取る代金です。
※敷金・礼金は物件によって家賃の何ヶ月分かが異なりますので、しっかりと確認するようにしましょう。

例) 家賃40,000円の物件(敷金1ヶ月・礼金2ヶ月)を契約する場合の費用。
40,000円(敷金)+80,000円(礼金)+ 43,200円(仲介料)+40,000円(家賃1ヶ月分)
+20,000円(保険料)=223,200円

賃貸保証契約とはなんですか?

賃貸保証契約は、契約時に保証金を保証会社にお支払いいただきます。
月々の家賃は保証会社から大家さんに支払われ、賃借人様は保証会社にお支払いするようになります。万が一、賃借人様が家賃のお支払いが滞っても半年間は保証会社が保証してくれます。

※賃貸保証契約には、ご契約者様、連帯保証人様の審査が必要になります。

連帯保証人って何ですか?

連帯保証人とは、期日までに家賃を支払わなかったり、設備を破損した場合に、家主が契約者以外に支払いを請求することのできる相手のことです。保証人には両親や親族になってもらうのが一般的です。

敷金、礼金って何の費用ですか?

敷金とは、借主が支払い保証のために、家主に預けておくお金のことです。
賃貸借契約の終了の際、修繕費等が差し引かれて返還されます。

礼金は家や部屋を借りる際に、家主に謝礼として支払うお金のことです。
敷金と違い、返還はありません。

未成年でも部屋を借りることはできますか?

親の同意書があれば借りることができますが、当社では安全面などに配慮してひとり暮らしの方の場合は原則18歳以上の方に限らせていただいております。